大還連規則

大阪府還暦軟式野球連盟規則

 

 第1章  総 則

 

【名  称】

  第1条    本連盟を大阪府還暦軟式野球連盟(以下大還連という)と称す。

 

【所  属】

 第2条   本連盟は全日本還暦軟式野球連盟(以下全還連という)の地域連盟として所属する。

 

【事務局】 

 第3条   本連盟の事務局は会長の指定地に置く。

 

第2章  目的および事業

 

 【目  的】

 第4条   本連盟は大阪府における還暦軟式野球競技団体(以下還暦野球チームという)の総括

                  機関として、野球を通じて相互の親睦を図り、高齢者野球の健全な発展向上を期する

                  と共に、健康維持と気力充実を目指し、スポーツ精神の高揚に寄与することを目的と

      する。

 

【事  業】

 第5条   本連盟は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

       (1) 還暦野球大会の主催並びに主管および後援。

         (2) 全還連の主催する大会に府代表として出場協力する。

                 (3) 還暦軟式野球の普及・発展に関する事項。

                 (4) その他本連盟の目的達成に必要な事項。

                 (5) 大還連の主催する各種の大会に、登録以外のチームを招聘し運営をすることが

                          できる。

 

 第3章  組 織

 

 第6条   本連盟は大阪府に所属する満60歳以上のチームで、原則として大還連かつ全還連に

                  登録した還暦・古希野球チームを以て組織する。

 

 第7条   新規に加盟を希望するチームは理事会の承認を得るものとする。

 

 第8条    チーム新規登録・登録更新は年度毎、12月31日迄に所定様式登録申請書に記入し、

                 全還連に登録手続きを行うと同時に登録料を振込む。

                 選手登録は所定様式(選手登録名簿)に氏名・生年月日を記入し、同時に登録手続き

                 を行う。 大還連の選手登録に限り、追加登録が2月末日まで認められる。

 

 第9条    登録選手移籍は年度変わりの期間とする。(シーズン中の移籍は一切認めない)

       移籍選手は前所属チームより除籍手続きがなされ、理事会が円満移籍であることを

                 確認した後、選手移籍登録することが出来る。年度変わり期間とは11月1日より翌年

                 1月31日を指す。

 第9条付則

                   ① 所属チームに退部届が為されていること。

                   ② 受理した当該チームの代表者または監督は、受理した日より15日以内に退部承認書

                       を事務局に提出しなければならない。

                   ③ 1月1日~2月末日の移籍について

                       ・阪奈リーグ戦前期は交流戦のみ出場可能とする。

                       ・3月に実施される日刊スポーツ杯には出場できない。

                   ④ シーズン中(3月1日~11月末)の移籍については一切認めないが、特異ケースのみ

           理事会に諮る。

                       特別措置として

                       ・阪奈リーグ戦前期中(3月1日~7月末日)の移籍について、リーグ戦後期の交流戦

                          のみ出場可能とする。

                       ・阪奈リーグ戦後期(8月)以降の移籍については、当該年度のリーグ戦・交流戦

                          とも出場出来ない。

                   ⑤ 古希については適用外とし、別途定める。

                   ⑥ 移籍に関して違反行為があると理事会が判断した場合、当該選手は一年間出場停止

                       とする。

 

【入会及び脱退】

 第10条   (1) 大還連に入会を希望するチームは、大還連加入の3チーム以上の推薦状および入会

                          申込書を添え事務局に提出し、理事会の承認を得ること。

        (2) 入会を承認されたチームは全還連に登録しなければならない。

        (3) 入会金に付いては第6章 第24条の項目に定める。

        (4) 会員は前条に定める他、次の事項の一つに該当する時は、その資格を失う。

           ・連盟の名誉を失墜する行為があり、理事会において不資格と認めた時。

           ・自ら脱退の意志を表明した時。

        (5) 本条の規定により脱退する時は会長に届けなければならない。

 

【処  罰】

 第11条   還暦チーム・登録選手が前条の規定に違反した時は、理事会に諮り、除名又は大会へ

                  の出場を停止することが出来る。

                  (1)   連盟の目的に反する行為をしたと認められる時、又は連盟の名誉若しくは信用を

                          著しく失墜する行為をしたと認められる時。

                  (2)   会費の滞納、その他会員の義務を怠ったと認められる時。

                  (3)   連盟の事業を妨害し、又は連盟に著しく損害を与えたと認められる時。

                  (4)   その他、前号に準ずる行為をしたと認められる時。

                  (5)   登録選手が移籍に反する行為を行った時、当該選手は一年間出場停止処分とする。

 

【会  費】

 第12条  本連盟に登録された還暦・古希野球チームは別に定める登録料(会費)を納めなければ

                 ならない。

 

 第13条  脱退又は除名された還暦・古希野球チームが既に納金した登録料その他の拠出金は変換

                 しない。

                                このページTOP

第4章  役 員

 

【役  員】

 第14条  本連盟に次の役員を置く。

                  (1) 会長 1名         (2) 副会長 若干名  (3) 理事長 1名

                  (4) 理事 各チーム1名 (5) 監事 2名       (6) 事務局長(会計兼務) 1名

                  (7) 常任理事 若干名   (8) 事務局員  若干名

 

【選  任】

 第15条   (1)   会長・副会長は理事会において推挙する。

                  (2)   理事は加盟チームより選任する。

                          以上の他に会長は必要に応じ理事を増員することが出来る。

                          但し、理事会の承認を受けることとする。

                  (3)   理事長は理事会で互選とする。

                  (4)   事務局長は理事会で互選とする。

                  (5)   常任理事および事務局員は会長が委嘱する。

                  (6)   会計・監事は理事会より1名、1名は会長が加盟チームより指名する。

 

【役員の職務】

 第16条     (1) 会長は本連盟を代表して会務を統括する。

          (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は副会長がその職務を代行する。

          (3) 理事長は本連盟の運営を統括する。

        (4) 常任理事は理事長を補佐し、本連盟の円滑な運営に協力する。

        (5) 事務局員は事務局長を補佐し、本連盟の円滑な運営に協力する。

        (6) 理事は理事会を構成し、連盟全体の運営に協力すると共に、理事会に於いて議案

                          の審議にあたる。

        (7) 会計は本連盟の収入および支出を管理する。

        (8) 監事は本連盟の会務および会計を監査し、理事会に報告する。

 

【顧  問】

 第17条   本連盟に顧問を置くことができる。顧問は会長の諮問に応ずる。

 

【役員の任期】

 第18条    (1) 役員の任期は2年とする。但し、再任は妨げない。

       (2) 役員に欠員が生じた場合は補欠役員を置くことが出来る。

           但し、任期は前任者の残存期間とする。

       (3) 役員は任期満了後も後任者が就任するまでの間、その職務を行う。

 

【退  任】

 第19条  役員は次の各項の一つに該当する時は退任したものとする。

                 (1)  本人から退任の申し出があり、理事会が承認した時。

                 (2)  任期が満了し、本人から申し出があった時。

                 (3)  除名された時。                   このページTOPへ

 

第5章  会 議

 

 【会議の種類】

 第20条   会議は理事会とする。

 

【総会・理事会】

 第21条    (1) 理事会は毎年1回以上、会長が招集し、役員の改選・規約の改正・年間行事等を

                         審議する。

       (2) 理事会の議長は会長とする。

              (3) 理事会は会長が必要に応じて召集する。

 

【定足数】

 第22条  理事会の議決は過半数の出席を必要とする。

 

【議決方法】

 第23条    会議は出席者の過半数を以て議決する。賛否同数の時は議長の決定による。

       但し、止むを得ない理由のために会議を欠席する場合は、当該事項について書面を

                 以て、代理人又は議長に委任することが出来る。

 

第6章  会 計

 

 【収入の種類】

 第24条    本連盟の収入は次に掲げるものとする。

                  (1)  新規入会は1チーム当たり弐万円とする。

                  (2)  登録料は還暦チーム 参万円、古希チーム 弐万円とし、毎年更新とする。

                  (3)  寄付金。

                  (4)  その他の収入。

 

【経費の支弁】

 第25条    本連盟の経費の支弁は本連盟の運営収入を以て充てるものとする。

 

【現金の保管と取扱い】

 第26条    本連盟の現金は会計が保管し、一部小払い資金以外は銀行口座を開設管理するもの

                 とする。

 

【予算および決算】

 第27条  本連盟の会計年度の収入・支出予算は、理事会にて立案審議を行い、理事出席の過半数

                 を以て議決する。会計は年間収支決算を作成し、監事の監査をうけ、理事会に報告し、

                 総会の承認を得るものとする。

 

【会計年度】

 第28条  本連盟の会計年度は毎年1月1日から12月31日までとする。

 

第7章  規約改正

 【規約改正】

 第29条  本規約の改正は理事会において、出席者の過半数を以って議決する。

 

 第29章付則

               本規則は平成18年 5月15日より施行する。

               一部改訂  平成20年1月23日  平成22年1月14日  平成24年2月16日

                 平成28年1月25日  平成29年1月30 日   平成30年1月29日

                                 平成31年1月28日

 

                                                                               以上    ホームへ

 

             大還連事務局  ・可山 輝博(大阪府還暦軟式野球連盟 理事長)

                     ・西川 泰生(大阪府還暦軟式野球連盟 事務局長)