2020年度 近畿喜寿野球リーグ 試合要項

                                                                                                                             2020年2月24日改正

 期  間    ① 令和2年3月27日~9月30日とする。

 

参加チーム  ① 令和2年度全還連に登録された選手、及び次年度登録予定選手で構成されたチーム

出場資格           とする。    

                       ・選手は昭和19年12月31日以前に出生した者。

                       ・参加チームは全還連選手登録基準に則り名簿を作成し、事務局へ提出する。

          選手の登録は2月末の年一回。

                          各チームは事務局配布の選手名簿をもって確認承認とする。

                       ・登録選手数に上限は設けないが、ベンチ入りは30名までとする。

                 ② 参加チーム(兵還連2、京還連1、大還連+奈還連2)

         兵還連:兵庫ロマンズ喜寿野球会、兵庫レインボーズ

                       京還連:京都寿倶楽部

                       大還連/奈還連:阪奈ゴールド、大阪喜寿野球倶楽部

  

 試合要項    ① リーグ戦は総当り一回戦方式とする。

                       ・主催は日程会議にて決められたチームとし、公式戦「1試合/日」とする。

                   ② 順位決定方法は勝敗を点数計算し、順位を決定する。

                     ・試合毎に、勝ち=3点、負け=0点、引分け=1点とカウントする。

                       ・順位決定は下記優先項目順とする。

                             勝ち点  → 勝率 → 対戦成績 → 得失点差→ 前年順位 

                   ③ 試合は7回戦形式とし、試合時間の制限は設けない。

                       ・5回以降10点以上の得点差が生じた場合はコールドゲームを適用する。

                       ・試合の成立は5回終了時とする。

                       ・諸事情によりゲーム不成立の場合は引分けを適用する。

         ④ EH(エクストラヒッター)の9人~11人攻撃制を選択できる。

         ・但し、試合中のオーダー構成の変更はできない。

                       ・EHにて出場した選手は守備にはつけない。

         ⑤ 投手の登板イニング数制限を設ける。

         ・1試合の最大投球イニング数を「3」とする。

          1イニングとは、対戦打者の獲得アウト数に関係なく、1打者でも投球機会が

                          発生すれば、そのイニングを「1」とカウントする。

                          リリーフ登板にて、打者への投球ゼロで牽制死によるイニング終了の場合も、

        「1」イニングとカウントする。

         ・但し、投球数の制限は設けない。

             

 試合日時    ① リーグ戦の試合日時は、参加チーム日程会議で決めた日時とする。

 及び球場      ② 雨天中止の場合は、ホームチームから対戦チーム責任者へその旨を連絡する。

         ・代替日は相手チームと協議決定する。球場確保は3時間以上とする。

    

 審  判    ① ホームチームが担当する。

                   ② 審判の構成人員は原則4名とする。但し3名でも可。

 

 そ の 他   ① 投手と本塁の距離は16.3m、各塁間は25.0mとする。

         ② 使用球は全日本還暦軟式野球連盟公認球M号を使用する。

           ・試合球はホームチームが用意する。

         ③ 金属付きスパイク及びズック靴でのプレーは禁止する。

         ④ 打者、走者およびベースコーチのヘルメット着用を義務づける。

         ⑤ 捕手は危険防止上マスク、捕手用ヘルメット、プロテクター、レガースおよび

                       ファールカップの着用を義務づける。

         ⑥ ファーストミットはキャッチャーミットとして使用は可、キャッチャーミットは

                       ファーストミットとしての使用は不可とする。

       ⑦ ダッグアウトはホームチームが1塁側、ビジターチームを3塁側とし、ビジター

                       チームを先攻とする。

           ⑧ 選手はスポーツ保険に必ず加入のこと。

           ⑨ 怪我・事故の無いよう各チームは責任を持ってプレーする。

                   ⑩ 球場使用料はホームチームが負担する。

                   ⑪ 勝敗にこだわり、過激なプレーは禁止する。    

 

                                                                                                                  以上

 

          近畿喜寿野球リーグ事務局

                                     ・可山 輝博(近畿還暦軟式野球連盟 理事長兼事務局長)

                 ・西川 泰生(近畿還暦軟式野球連盟 事務局)

                                 リーグ戦TOPへ